初詣のサービス業の職業仕事

サービス業の職業仕事8

目指せ!サービス業

初詣のサービス業の職業仕事8

初詣の競馬予想屋

競馬予想屋とは?
競馬の勝敗に関する情報を、独自の経験と分析をもって他人に売ることで生計を立てている。売り口上と的中率により人気が左右する商売。
初詣の競馬予想屋になるには?
競馬主催者の許可と権利金が必要。競馬経験と独自の分析・解析方法の確立と、情報を納得させる売り口上が必要とされる。
競馬予想屋の業態など
全国の競馬場、インターネット。ほとんどがフリー。競馬予想会社に所属している人もいる。

初詣のイベントコンパニオン

イベントコンパニオンとは?
企業や公共団体が主催する各種イベントで、その企業や団体の社員に代わって案内や商品説明を行う。販売促進や企業・団体のイメージアップを目的に多くの人に商品を説明アピールするので、言葉使いや表情にも気を配ることが大切。
初詣のイベントコンパニオンになるには?
高卒程度
イベントコンパニオンの業態など
人材派遣会社に登録するのが一般的。

初詣の葬儀師

葬儀師とは?
臨終から死後の喪に至るまでの一連の儀礼を取り仕切る仕事。遺族の意志を尊重し、葬儀の企画、見積り、会場経営、必要資材の調達・手配、儀式の運営、司会進行などを業務とする。四十九日法要や香典返しの手配。仏壇・墓地や社会保険・生命保険などの相談、手続代行を行うこともある。
初詣の葬儀師になるには?
葬儀社で実務経験を積み技術や知識を付けるのが普通。葬儀全般を取り仕切るまでには2〜3年の修業が必要。葬祭ディレクター技能審査試験合格者には、資金面や昇進面で優遇措置が図られる。



初詣のサービス業の職業仕事TOPに戻る