初詣のサービス業の職業仕事

サービス業の職業仕事4

目指せ!サービス業

初詣のサービス業の職業仕事4

初詣の旅館主・ホテル支配人

旅館主・ホテル支配人とは?
初詣の旅館やホテルの責任者として、宿泊客の安全を守り、快適なサービスを提供するために従業員を指揮、監督する仕事。ホテルには各部門の支配人の上に最高責任者である総支配人がいる。
旅館主・ホテル支配人になるには?
ホテル専門学校や大学を卒業し、就業・出世してくるケースや世襲など。

初詣の観光案内人

観光案内人とは?
初詣の外国人旅行客に外国語で観光案内する仕事。通訳をするだけでなく、旅行日程の管理や宿泊先の手配など、観光ガイドとしての業務もある。語学力はもとより、日本文化に関する知識も必要。
観光案内人になるには?
通訳案内業資格試験に合格し、各都道府県知事の免許を取得することが必要。
初詣の観光案内人の業態など
旅行会社と専属契約を結ぶ方法や、フリーランスとして派遣会社に登録する方法がある。

初詣の舞妓

舞妓とは?
初詣の芸妓の見習い(15歳〜19歳)を京都の花街では舞妓という(関東では半玉)。舞妓がいるのは、祇園甲部・先斗町・上七軒・宮川町・祇園東の五花街。
初詣の舞妓になるには?
中学校卒業以上。未婚。15〜18歳位。身長165cm位まで。仕込みさん→見習いさん→舞妓と修業する。時、4〜6年。
初詣の舞妓の業態など
置屋に所属し、花街のしきたりや行儀作法を教わり、女紅場で舞・三味線・笛・太鼓・鼓・お茶・お習字など芸事全般の教科を通い習う。芸鼓を経て独立する人もいる。

初詣のユースホステル・ペアレント

ユースホステル・ペアレントとは?
初詣のユースホステルは、誰もが低料金で安全な旅ができるように考えられた宿。このユースホステルのマネージャーのことをペアレントと呼ぶ。
ユースホステル・ペアレント になるには?
公営の採用についてはそれぞれの自治体の基準による。直営の場合募集は不定期。採用後、職員として数年間経験を積み、昇格してペアレントとなる。
初詣のユースホステル・ペアレントの業態など
ユースホステルは、世界80カ国に5500施設、日本には約350施設ある。公営、日本ユースホステル協会直営、協会と契約して自分で用意した建物で経営するものの3種類がある。



初詣のサービス業の職業仕事TOPに戻る