初詣のサービス業の職業仕事

サービス業の職業仕事3

目指せ!サービス業

初詣のサービス業の職業仕事3

初詣のクリーニング師

クリーニング師とは?
初詣のクリーニング店において、衛生的な作業環境・技術のレベルを確保し、クリーニングする職業。
クリーニング師になるには?
中学校卒業以上のものが受験できる。試験合格後免許交付が必要。資格、クリーニング師。
クリーニング師の業態など
クリーニング工場へ就職、店を開業するものが多い。年収約300万円前後だが、独立者は定年もなく長期的には安定した職業。

初詣のホテルマン/ホテルウーマン

ホテルマン・ホテルウーマンとは?
初詣のホテルの利用客が気持ちよく宿泊できるようなサービスを提供するのがホテルマン・ホテルウーマンの仕事である。ホテルでは、非常に多くの従業員が働いており、一口にホテルマン・ホテルウーマンといっても、その職種は多岐にわたる。
ホテルのロビーには客の送迎や案内各種手続きを行う様々な係がいる。
ホテルに到着した旅行者を迎えるのがドアマン・ドアガールである。お客をフロントまで誘導し、宿泊手続きが済んだら、予約した部屋まで案内する。他にも、ロビーには、エレベーターで案内をするエレベータースターター、手荷物を預ける場所(クロークルーム)で働くクローク係などがいる。

フロントには、フロント係(フロントクラーク)がおり、主にリザーベーション(予約)、レセプション(手続)、インフォメーション(案内)、フロントキャッシャー(会計)の4つの仕事を受け持っている。小規模なホテルやビジネスホテルでは、フロント係がほとんどの仕事をこなしているが、近代的な大ホテルになると、かなり分業化が進められている。案内された部屋に入ると、清潔に整えられた部屋に驚かされるものである。この部屋をメンテナンスするのが客室係である。宿泊者がホテルに対して持つ印象や評価は、一般に、部屋のムードで決まるといってもよいくらい重要視される仕事である。

そして、初詣のホテル全体を見渡して、従業員に的確な指示を行うのがホテル支配人(ホテルマネージャー)といわれる職業である。ホテル支配人は、ロビーやフロントの仕事などの部門を経験し、ホテル経営に関する法律知識、経理知識など専門的な業務知識を身につけ、実績と優れた能力を認められると、ホテルを経営する企業から選ばれる。

初詣のパチンコ店員

パチンコ店員とは?
快適で安全な遊技環境つくるために、さまざまなサービスをする仕事。清掃、空調設備の点検から、パチンコ台のチェック、景品交換など。
初詣のパチンコ店員になるには?
各店舗ともファン獲得のため独自の差別化をするようにないR、そのひとつとして人材育成に力を注ぐところも増え、多くの大卒者もいる。
パチンコ店員の業態など
パチンコ店の常用雇用が一般的。



初詣のサービス業の職業仕事TOPに戻る