初詣のサービス業の職業仕事

サービス業の職業仕事7

目指せ!サービス業

初詣のサービス業の職業仕事7

初詣の便利屋

便利屋とは?
生活の中の雑用的な作業や、各専門業者の枠を超えるような作業を、依頼主に代わって行う仕事。内容は多種多彩。必要な知識や技能が求められる。
初詣の便利屋になるには?
資格、DIYアドバイザーなおD、関連する資格を取得しておくと有利。
便利屋の業態など
便利屋業を専門とする会社に就職したり、フリーとして独立する人もいる。

初詣の靴みがき人

靴みがき人とは?
駅周辺や街頭などで、客の靴を磨く仕事。なかには職人と言われるほどの人もいて、ホテル等で店舗を構える靴磨き人もいる。靴磨きの技術と話術でなじみ客を増やしていく。
初詣の靴みがき人 になるには?
使用する道路を管轄する警察署長許可。
靴みがき人の業態など
個人営業。

初詣のエレベーター係

エレベーター係とは?
デパートのエレベーターに乗り、エレベーターを操作して、利用客を希望の階に導くのが仕事。各階の情報や催し物の案内なども行う。にこやかな笑顔と、品位のある態度が求められる。
初詣のエレベーター係 になるには?
高卒程度。さまざまな利用客に対応するために、英会話や手話等の習得が望ましい。
エレベーター係の業態など
デパートに就職して仕事に就く。現在は派遣社員のほうが多い。

初詣の巫女

巫女とは?
神職を補佐して祭事や社務に従事する仕事。排殿や境内の清掃に始まり、お礼や御守の授与、祈祷の受け付け、破魔矢や干支の置物の製作の手伝いなど、内容は多岐にわたる。
初詣の巫女になるには?
神職ではないので資格は不要だが、18歳から22歳くらいまでの未婚の女性という条件。
巫女の業態など
各神社に勤務。賃金水準は、概して一般事務職OLより安め。



初詣のサービス業の職業仕事TOPに戻る