初詣のサービス業の職業仕事

初詣のサービス業の職業仕事2

目指せ!サービス業

初詣のサービス業の職業仕事2

初詣のヘア・デザイナー

ヘア・デザイナーとは?
初詣のヘアースタイルのデザインをする人だが、当然理容師・美容師としての資格と技術が求められる。
ヘア・デザイナーになるには?
資格、美容師または理容士
ヘア・デザイナーの業態など
美容師として就職、仕事の一環としてヘア・デザインもする。経験を積んで、フリーとしてマスコミなどに進出する人もいる。

初詣の着物着付師

着物着付師とは?
和装に関する専門的な知識や技能で、初詣の着物の着付、着付に関する指導・相談などを行う。
着物着付師の資格など
きもの学院・美容学校などで初伝・中伝・奥伝を取得したもの。
着物着付師の業態など
美容室や結婚式場などに就職。店ごとに契約、かけもちも多い。月10万前後〜ベテランは月50万。マスコミ関係も多い。奥伝を取得した者は講師となり教室を開講できる。

初詣の洗い張り

洗い張りとは?
初詣の和服を解いた後に端縫いをし、反物の状態にして洗濯・糊付け・シミ抜きなど技術を施す人。(具体的には、着物の仕立てから、お手入れまで)
洗い張りになるには?
和服の生地や加工、手入れ方法を熟知すること。
洗い張りの業態など
クリーニング工場や洗張店に勤務。

銭湯番台

銭湯番台とは?
銭湯の入口に座り、入場料の受け取り、石鹸などの販売をする仕事。かつては洗い場まで見渡せるほどの高台が設けられ、そこに座り脱衣所の監視もしていたが、現在では脱衣所に背を向けるようにカウンターが作られ、フロントのような形に変わっている。
銭湯番台の業態など
近年住宅事情の変化により、内風呂が一般的になったため、銭湯自体の需要が減少している。



初詣のサービス業の職業仕事TOPに戻る